Ring the Bell 個別無料説明会

分っていたら得をする?男と女の違いとは?

結婚相談所

男性は幼稚

幼稚、単純と言うと、とても印象が悪いですが「ピュア」とも言えます。ほめられたら単純に嬉しい♡「すごいね」「さすが」など感じたなら伝えてあげられたら喜ばれます。
ピュアと言えば、女性も歳を重ねてもピュアで純粋な方もおられるし、そんな女性は40歳を過ぎていてもルンルンで結婚を決めて退会されておられます。生きていると心の傷はそれぞれにあって当然のこと、信じる事がこわくて、生活を変えて先に進むには、勇気も必要になります。もう損をしたくないし、もう傷つきたくもない。けれど過去の事はご自身で解消し、「初めての恋」の様にピュアな思いで愛し合えると素敵だな…と思いますね。いつまでたってもピュアな男性と、いつまでたってもピュアな女性は相性が良いと思いますね( *´艸`)
スンって色々と冷めていて「恋と結婚は違うのよ」と豪語する女性には理解出来ない事かもしれません。

男性は察する事が出来ない

一般論で男性は察する事が出来ないとよく言いますが、女性ならば出来るのでしょうか?私は無理です。お相手のお気持ちを察し、して欲しい事をすることは、夫婦であっても難しいように感じます。言われた事、された事、してくれなかった事、色々とため込みがちで、自分がどうして欲しいのか、具体的に伝える事が出来ないという事が原因で、自分自身の心に影を落としておられる場合があります。本当に相手が満足いくよう察する事など、私たち女性にとっても無理。自然体で言葉などなくても分かり合える、空気の様な存在だと、日本人は特にコトバにしない事を美しいかのように例える事もありますが、すれ違って勘違いしていたら意味がないと思います。せっかくコトバがあるのですから、自分のして欲しい事を、お相手に伝えて、それで嫌われたり、逆に責められたり、どうしても理解してもらえないのなら、そもそも一緒にいるお相手ではないのかもしれません。自分を偽って良い子ちゃんでいて、好かれ続けることよりも、勇気を持ってその時に伝えた方が良いと、私は思います。伝え方は難しいですが「可愛く」が理想です♡
すぐ伝えるより少し考えてから伝えるのも手ですが、あまりに昔の話をされると「いつのこと?」「なんのこと?」「その時言ってよ」と逆に信頼関係を失いかねませんので注意してください。言わずに我慢して、急に烈火のごとく怒るのはこわいので避けてくださいね。

男性は何も考えてない

「彼が何を考えているのか良く分からない」と相談される事がありますが、「何も考えてないんじゃない?」と答える事が多いです。仮にそうでもない時もあるかもしれませんが、そう考えられた方が、気分が楽だし、考えても答えも出ない他人の事をグルグル考える時間が無駄ですし【なぜこんな事をするんでしょうか?】【なぜこんな事を言ってくるのでしょうか?】【なぜ言ってくれないのでしょうか?】【なにを考えてるのか分かりません】と色々と気に病み、悩み相談をしてくださる女性は多いですが、彼の考えている事など分かりません。
だからと言って何でもかんでも聞けば良いというものでもないでしょうし、いずれにせよ「案外、なんにも考えてなかったりして…」と楽天的に考えてケロっと過ごした方が生きやすいし、男性とつきあいやすいです。確かに深い考えがあったり、察して欲しい男性もいるかもしれませんが、こちらで勝手に色々考えるだけ、時間も無駄で、心もすり減らす事が多いと思います。

電話して繋がらない彼の事を心配し過ぎて「何をしているのか心配になる」「段々腹が立ってくる」という相談もありますが、基本私としては「出れないのだから、何かしらしているんだろう」と思って気にしなければ良いのではないかとお答えしています。

男性は尽くされたくない

尽くすと愛するとは同じでしょうか?その意味もそれぞれに違うので、尽くされたいよーという男性も多いと思いますが、いかがでしょう?愛は与えるもの、けれど尽くし過ぎには注意とよく言いますが、何にしろ自分のあり余った、あふれて捨てるものが一杯あるのなら与えれば良いと思いますが、「愛されたいが為に」「結婚したいがために」世話を焼いても、ちょっと違うのかなぁとは思います。世話を焼き過ぎると母親だと思われてしまう?という意見もあるようですがいかがでしょうか?オムライス作ってあげたいなー♡と思って作って持って行ったりするのは、愛を与える事になるのでしょうか?それとも尽くす事になるのでしょうか?どんな行動も見返りを期待しない事、自分の心が潤っている上での行動が良いのではないかなぁと思います。
してあげたあとで「その分、返せー」「あげたから、こっちはカラカラじゃないかー」ってなるのなら、やめておいた方が得策です( ´艸`)

男性はやってあげたい

プライドが高い男性が多いと聞きますがいかがでしょうか?何でもかんでも出来る女性に男性は興味を示さないと言います。ヒーローでいたい、ヒーローになりたい男心はあるのかもしれないですね。頼まれたら断れないというのも、たまに聞きますね。やってもらって当然というのも違いますが、してもらった事をとても喜ばれると嬉しくなりますね。男性は「ありがとう」と言うよりも「ありがとう」と言ってもらえる立場に立つ方がプライド的にも楽なのかもしれません。
女性側としては、「この後におよんで、プライドなんている?」とも思いますが、いるんだからしょうがないです( *´艸`)気にし過ぎず、少し気にかけていけたら良いですね。

男性はひとりの時間が欲しい

とは、よく言いますが、実際は女性たちの中にも【ひとりの時間が必要】な方も多く、男性でも【ずっと一緒にいたい】という方も多い様に感じます。良い悪いではなく、そこの価値観もあまり違うと結婚生活も難しいのかもしれませんね。

男性は自立している人が好き

多くの男性が口にする【自立している女性希望】自分の肩だけにのしかかられるのは不安な経済面。社会との交流を絶ってしまって専業主婦になられる事に不安な男性。
【家事になれるまで、結婚生活になれるまで、専業主婦になりたい】という将来の希望はともかくとして「なぜ?今働かないのか?」「働けないの?」と単純に心配があるようです。
また、男性の考えるところの【自立している女性】というのと、女性の受け取る【自立している女性】という内容には割とズレがあります。個人によってもやはり変わるので、目の前のお相手が何を希望しておられるのか?理解出来たら良いですね。

実際女性の子育てと家事と仕事

ただ女性側の私としては子供を産み育てた者として、やはり仕事をしながら家の事もこなすというのは、かなり時間的に厳しく、子育て自体にも影響を与えるし、子供にさみしい思いをさせる事は確かです。1人目は生後すぐ連れ出して一緒に働き、2人目は生後6か月から保育園で見てもらって働いたので、先生にはとても可愛がっていただき不自由な事はなかったと思いますが、幼少期に必要な母としての愛情を与える為の時間が必然的にとても少なかったように思います。旦那が手伝ってくれると言っても、こちらが助かる程に家事が出来る人は限られてきますし「本当の手伝い程度」です。私は【子供の学費を貯めたい】【働いていたい】という希望でもあったので、家事育児、仕事、ともかく必死に全部こなしていましたが、育児と家事だけでも大変なのに、そこにまだ相手に働いて欲しいとか言われたら、この人はとても思いやりがないと感じてしまったと思います。
男性に【子供が欲しい】という希望があるのなら、よほど理解のある職場で働いている女性なら別ですが、小さな時には色々な病気にもかかりますし、水疱瘡やはしか、おたふくかぜ、インフルエンザなどになったら、代わりに見てくれる人がいれば別ですが、2週間近く会社を休んで一緒にいなければなりませんので、私はその都度リストラされていました。
「女性には子供を産んでも働いていて欲しい」と言う男性は現実をもっとよく知り、理解した上で発言した方が良いとは思います。

女性は【働ける限り働きますよ♡】と言っておいて、様子を見ながら、その都度一緒に考えて行けたら良いと私は思います。

まとめ

いずれにしてもお相手を良く知ること、思いやりのお気持ちが互いに大切なのだと思います。いくら好きでも合わない事もあると思います。この人になら、合わせていきたいと思う人を見つける事が婚活だと言われている人もいましたけれど、合わせるにしても限度がありますし、自分が自分でなくなるような、息苦しいおつきあいなら、いくら好きでも結局上手くはいかないでしょうね。
一般的によく言われているものの中にも、それは自分はないけどな…とか、これは女の私も当てはまるけどな…と、それぞれだったと思います。いずれにしても、無駄に悲しんだり、喧嘩をしたりしない為の、男女の違いをまとめてみました。あなたはいかがでしょうか?お会いした時に教えてくれたら幸いです♡それでは素敵な婚活ライフを送りましょう( *´艸`)

Follow me!

PAGE TOP