モテるのはどんな人?

モテる人は親切な人

「多くの人からモテなくても、1人の人にさえ愛されたら良い」と言う方がいますが、多くから愛されない人が、自分が気に入った人にだけ愛されるという事は、ないと思った方が良いでしょう。自分が気に入った人に選んでもらおうと思ったら、多くの人から選ばれるようになった方が、両想いにもなりやすいということは必然です。

でも、わたしたちが思うよりも「モテる」ということは、そこまで難しい事でもないようです。男女ともモテる一番の特徴は「親切な人」だそうです。

親切って具体的にはどんな人を言うのでしょうか?私は「思いやりがある」ということでもあるのかな?と思います。やたら世話を焼くとか、そういうことではなくて、LINEをちゃんと返す事や、次に会う日を決める事も、そして「これとこれどっちが良い?」「これあれば助かる?」色々と気を配って声をかけるのもそうですが、共に過ごす時間というものは、いつも自分だけのものではなくお互いの命なのだという認識を持つこと、携帯電話を置き、興味を持って話をしてくれたり、聞いてくだされば、親切な人だと感じますよね。

 

逆に「不親切な人」ってどんな人なんでしょうか?基本的に男性は「優しい人」しかいないんじゃないかと思うほど、とても優しいものだと感じているし、優しい男性がこの時代には、とても多いのかなと思いますが、それでも世の中には「不親切な男女」もいるのだと思います。「自己中心的」「利己主義」そんな感じでしょうか?相手の気持ちを思いやる余裕がなく、自分の気持ちだけを優先し、それで当たり前だと感じている人でもあるのかもしれません。

長く相手を好きでいたい。良好な関係を続けていきたい。それは、相手の希望や気持ちを無視してしまっていては難しい事で、相手がいくらあなたを好きでも、無理が続けばいつかその関係は壊れると思われます。逆に相手の気持ちや状況を優先するあまり、愛されたくて相手に合わせ、自分の正直な気持ちを抑え過ぎるのは、それもまたどこかで関係にヒビが入ってくるように思います。「こうしたい」「こうして欲しい」という事は伝え方も大切です。相手の気持ちや状況をよく知った上でお願い出来たら良いと思います。

自分の想いを知ってもらうということも、ずっと一緒に居たいと思った人だとしたらとても大切な事で、それが「不親切」かというと、また違うと思います。「親切な人」というのは、「ただ相手に合わせる人」ってわけでもないと思うのです。

好きになる、好きじゃなくなる、そして愛になる。

好きになると言うのは、とても不思議な現象です。ほんまでっかTVに出ておられた、可愛い心理学の先生(植木先生)がおっしゃっておられたのですが、好きはだいたい3つから始まる。①性的魅力を感じる(抱きたい、抱かれたい)②容姿を気に入る(見た目が好み)③自分に興味を持ってくれるから、好きになってくれているから自分も返そうとして好きになる。

そして「好きじゃなくなる時」は、完全に同じだそうで①性的魅力を感じなくなった②容姿が変わってしまった。③最近相手が自分に興味がなさそうだ。ということで「なるほど!」な結果でした。

好きが愛に育つ時には、「好きなところだけでなく、ダメな部分を含め受け入れた時」という事で、何だか不思議な感じですが「こんなダメな所があるけれど、だからこそ自分がいてあげないと!」相手にとって自分が必要なのだと感じる事だそうです。どんな感じなんでしょう?朝寝坊とか?ちょっとうっかり者とか?何となく守ってあげなきゃならない感じ?( *´艸`)

最近、無料説明会の申し込みが増えています。1月にこんなに多かったのは初めてだと思います。コロナの影響でしょうか?おみくろんちゃんとか、まんぼうちゃんとか、色々大変な世の中、愛する人と支え合って生きてゆけたら、全く違う今を過ごす事になるのでしょうね☆☆☆何歳であっても諦めたくない五十嵐でした。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事