シングルで生きていくと決めてないよ。

聞かれてもないのに、言う必要はないので言わなかったのですが、どうやら誤解されてるようだったので、お伝えしたいと思います。

 

私には、彼氏はいます。「五十嵐さん自身は、子育てを終え、シングルを楽しんでいるのに、どうして結婚相談所をされて、結婚をすすめておられるのですか?」そう先日、聞かれたのです。色々見てくださって来てくださったようで、彼氏がいないと思われたようでした。

 

当然誰ともつき合っていない期間もありますが、今はいます。別に独身主義だとか、シングル押しの人生ではないのです。結婚願望も…

 

「結婚はもういいかな…」そうおっしゃる方の大半が、「〇〇だから…もういい」なのですが、「〇〇ならば、結婚したい」なことでもあるし、そう言う人ほどに「結婚」を意識しておられる事が多い印象です。

 

もう、子供も産まない私には、籍を入れる必要性はないのですが、「結婚」というカタチが「お約束」「誓い」という意味であるのなら、制度としてではなく、夫婦になる事には憧れやロマンがあるのです。

でも、「愛する人と共に生きる」という事が、私の人生のテーマなので、一番の願いは、いつかは一緒に暮らしたいな…一緒に生きていきたいな…という願望もあります。

 

「相手のお世話をするなんて面倒」そのコトバが、結構まわりに増えてまいりましたが、それもまた結婚に対する「思い込み」「固定観念」「囚われ」でもあるのかな…と思います。
大抵自分の過去の経験や、誰かの経験、一般的に…という事での思い込みでしょう。

 

シングルにはシングルの人生があり、夫婦には夫婦として生きる人生があり、どれも素敵でどれも良いと思いますが、夫婦であっても他人よりも遠い関係という事もあります。夫婦になったから統合出来るわけではないし、夫婦であらずとも良き関係を築いてゆかれることもある訳で、お互いの分からない所や違いをよく話し、伝え、聞き、歩み寄り、そうする事でお互いを良く知り、心繋がり、統合してゆけると思うし、そうなれることが私も望みです。

けれど、またそれに囚われ過ぎて、なかなかそうならぬからと焦ったり、無理やりに何かを変えようとしても、何も変える事が出来ないから、「変えられるものは、ただ自分の心」穏やかにただ信じる事が出来たら良いのにな…そんな風に思います。

 

「出会いをどこで???」

来るべき時が来たら、繋がるべくして繋がる。それはスピリチュアル的。現実は、出会いというものは社会人になると、一度に減ります。

結婚された方が、どこで出会われたのか?1位職場

職場に出会いがないあなたは、もはや致命傷なのです。いくら空想して「いつかは…自然に…」と引き寄せようとしても現実は難し事を、あなたの心は既に分かっていて、「いきなり自然に出会うなんて、ある訳がない!」それだって感じているはずで、スピリチャル的にも現実的にも、行動していた方が願いは叶えやすいのです。ちなみに2位は「知り合いの紹介」ですが、結婚相談所で出会った方は基本的にみんなに説明するのは…「知り合いに紹介してもらった」という理由です。「結婚相談所!」って言ってくださる方も増えては来ましたけど( *´艸`)

 

結婚相談所で出会うメリットは、安全で安心という事。住民票、独身証明、卒業証明、男性は源泉徴収票も提出。婚前交渉禁止(結婚が決まるまでエッチはしてはいけません)、お見合いから3ヵ月以内になるべく答えを出してください。結婚が無理なら早く断ってください。男女の別れ際のトラブルも完全にフォロー(私たちが間に入ります)お見合い後の連絡先交換、次の連絡もフォロー、告白のタイミングもフォロー出来ます。でもお相手ありきの事なので、お金では買えないものもあります。【詳しくは無料個別説明会へ】

 

ともかく、私は独身主義ではないので、そこんとこよろしく( *´艸`)
そして…カウンセリングは…恋愛についてはもちろん、メンタル面でのアドバイスも心理カウンセラーとして(#^.^#)

 

結婚相談所にお越しくださる方は、「老後さみしいのが嫌だから」とか、おっしゃる方もおられますが、「老後」は来るとも限らないし、結局のところはお相手様に先立たれて、1人になる事もあるでしょう。

なので、結婚というのは、「老後」「いつか」というよりは「今」「誰と生きるか?」なのだと思うのです。

 

私は、いつもここに居ます。
「ただここに居てくれたから、最後まで頑張れた」そうおっしゃってくださる事が、私にとってはとても嬉しいです。

あなたの本当の願いを叶える為に、それを行動する為に、あなたはこの世に生まれてきたのです。

 

他人を応援している時間はない。あなた自身があなたの事をともかく頑張るのです。

 

 

ぼやーっと過ごすには長すぎる人生。
出来る事全部するには短すぎる人生。

自分にリミット作らないで。
チャレンジあるのみ

( *´艸`)

 

ココロを豊かに、ご機嫌でいられるように、何よりもそれを頑張りましょう

(*^▽^*)

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事