結婚相談所を最後の砦だと言うのはアラフォー世代に多いそうな。

結婚相談所には、ドタキャンがない。

結婚相談所には、既婚者がいない。

結婚相談所は、事件に巻き込まれる事がない。

結婚相談所には、働いていないのに働いていると偽る人はいない。(男性、源泉徴収票の提出)

結婚相談所には、遊び目的で利用する人がいない。

結婚相談所には、結婚願望のある人がいる。

結婚相談所では、ダラダラと無駄な交際を続ける事がない。

結婚相談所では、お見合いの次の日にお互いが了承した時、初めて電話番号の交換を行う。

結婚相談所では、ファーストコールの設定を行う。

結婚相談所では、結婚にフォーカスした出会いのみ。

結婚相談所には、自然消滅がない。

結婚相談所では、別れ話で当人同士もめる事がない。

 

結婚相談所を最後の砦だと思っている人もまだいるにはいるけれど、その考え方はアラフォー世代に多く、最近は20代の女性が結婚相談所を最後の砦にはせずに、利用される事が増えてきた。マッチングアプリを利用する事への女性としてのリスクをよく理解している方もおられれば、随分心をすり減らせたあげく、自分には見る目がないのかもしれないと、結婚相談所の扉を開く。

 

私は、結婚に対して、とても憧れを抱いていた。そして…『愛が欲しい』と、言い続けながら、ずっとその青い鳥を探し続けていて、でも、転んでばかりだった。別れを選んだ時には、いつもその心は痛かったし、その都度、もう二度と誰ともつき合いたくないと、心から思った。いつの頃か…私の心には、結局愛がないのではないかと感じたこともあった。

ちまたの恋愛マスター達は、恋愛だけにならず、自分を持てと、自分の楽しみや、時間を作って、頭が彼だけにならぬようにと言うけれど、私は…逆にいつも自分しか持っていなかった。相手の心がどうであるかなど気にしたこともなかったし、いつも自分中心で、自分が好きなら、相手がどうであっても関係なかったし、相手の気持ちを気にしたこともなかった。自分がどうしたいのか?そればかり考え、求め、突き詰めて、1人で答えを探した。いつしか男性に守られる必要などないほどに、強くなった。誰も助けてくれないし、自分で何でも決めて、そして進んだ。

2人で生きる事が、1人で生きることよりも、難しいと感じた。

結婚したいと言いながら…そこに本気で向う事はなかった。現実に感じた事もなかった。既に諦めていた。

 

 

最近ある人が、私に言った。

『愛してくれるなら、誰でもいい』

 

 

『愛とは』何なのかと…いつも考えていた。カタチなどないし、見えない。その人の望む『愛して欲しい』は一体、どういう事を求めておられるのか、良く知らないから特に分からなかった。

あなたは、愛して欲しい、愛されたい、そう思う事がありますか?

私は…一緒にいる人とは、愛し合いたいと思うけれど、実際は、愛し続けたいのだと思う。その人を探している。どんな時も『愛し続けられる人』だから…出来る事なら、愛させて欲しいし、愛し続けさせて欲しい。

よく、落胆する。

期待したお相手様ではない事に。こうあって欲しい、そういう希望に当てはめては、これが足りないし、あれも足らないと、別れる理由ばかり見つけようとする。迷い悩み、そして勝手に…よく傷つく。終わりにして逃げる。

 

 

けれど…

私は変わったと思っている。

 

『相手を知りたい』
そう思った。

 

その願いは叶わなかった。遅かった。いつも迷い距離を置きたがる私と、どんな気持ちでつき合っていたのか知らない。イライラするほど、良く分からない時期を過ごして、壊れそうにもなったし、結局は終わった。でも…この人生で同じ事を繰り返す事は、やっと避けられた。

今までと同じ事をしていたら、今までと同じ風景しか見えない。今までと同じ場所にしか立てない。

 

見たことのない人に出会って、見たことのない人と、初めての恋をする。

ブッタは『私とはなんだ?』と考えあぐね、出した答えがあったそうな…

『わたし、などないのだ』

 

 

私たちはこんなにも、自分に対して興味を持っているのに、結局『わたしなどない』とは、一体どういうことかと思いもするけれど、かの有名なブッタがたどり着いた答えなのだから、まぁ…それなりに間違ってもいないのかもしれない。

 

 

出会って、少しの時間を過ごしたとて、一体お互いの何が分かるのかと言われたら…確かにそうだと思う。相手の事を決めつけて判断できるし、私の事だって過去を元に判断される事もある。でも、まだ見たことのない景色が見たくて、旅を続けている。諦めきれずに…

心繋がる人との出会い。

本当にこの人なんだと、思えるのは、どのタイミングなのかは分からない。でも、悔いのないように、自信を持って、あなたを生きて。いつか絶対に望む未来を手に入れる。まだ今はないし、過去を振り返ればろくなこともない。

 

 

でも、未来はどうとでも出来る。

 

 

あなた自身が何を信じるか?

過去?
それとも自分の未来?

 

 

あれこれ悩み転んでも、全部学びに変えてやると、何かを掴んで立ち上がり続ける。これからのヒント、希望、未来。

 

 

最近観たドラマのセリフがとても気に入ってしまった。

『あなたとなら、靴箱の中でだって、喜んで暮らすわ♪』

 

そう思える人と、一緒に生きていけたら、今も素晴らしい人生が、とても嬉しくなるし楽しめる?

私はそこに行きたい。あなたはどこに行きたいの?

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事